スタッフブログ

初秋の頭皮ケアで健康な髪を!

秋を迎えると抜け毛がきになりませんか??(*_*;
初秋の頭皮には夏に受けた紫外線のダメージが
たくさん溜まっているそうです(>_<)
 
 
髪の毛は数年かけて成長し、寿命になると抜け、
再び生えて成長する「ヘアサイクル」を繰り返しています。
 
秋に抜け毛が多いのは、夏の強い紫外線、汗による毛穴詰まり、
冷房による乾燥などで、髪の寿命が早るのではないかと考えられています。
 
この時期は、再び健康な髪が生えやすい頭皮を目指し、次の点に注意してケアしましょう☆
 
●シャンプーは洗浄力よりも、頭皮に刺激の少ないタイプに切り替えを。
●洗髪時は頭を指の腹で揉み、血行促進を意識。シャワーはぬるめで。
●真夏のような冷たい飲食は控え、体を内側から温めましょう。
●ストレスは大敵。時には自分へご褒美「ヘッドスパ」でリラックス!
 
 
 

日焼け止めの“PA”&“SPF”って何?

太陽の紫外線は3月頃からだんだん強くなり、
5月~8月頃にかけてピークを迎えるといわれています。
紫外線対策として日焼け止めを使う方は多いと思いますが、
パッケージに表示されている“PA”や“SPF”の意味を、ご存知ですか?
 
 
“PA”とは、肌を黒くしたり、くすみやシミに影響する「紫外線A波」から肌を守る数値です。
+が多いほど効果が高くなります。
PA+  PA++  PA+++  PA++++
の4段階があります。
 
“SPF”とは、肌を赤くしたり、皮膚がんの原因となる「紫外線B波」の
防御指数のことをいいます。
SPFの“1”は約20分に相当するので、
〇SPF15の場合
…20×15=300分(約5時間)
〇SPF50の場合
…20×50=1000分(約16.5時間)
にわたってお肌を守る効果があります。
 
SPFの値が高いと、べたつきやすく肌にかける負担も大きくなるため、
日常生活では15~20程度のものがおすすめです(^^)/
 
これから夏になると汗で日焼け止めが流れやすいので、こまめに塗り直しましょう♪
 
 

包丁の切れ味を長持ちさせるコツ☆

包丁は、10年20年と長く使うことができますが、
使い続けるうちに切れ味が悪くなってくるものです。。。
 
今回は包丁の切れ味を長持ちさせるコツをご紹介します♪
使い勝手のよい包丁の切れ味がよければ、ストレスなく楽しみながらおいしい料理が作れまよね(^^♪
 
 
●濡れたまま放置するとサビの原因に
 使用後はよく洗い、布巾で水分をしっかり拭き取り乾燥させましょう。
 
●殺菌のため包丁を火で炙るのは厳禁
 刃がなまり、切れ味が格段に落ちてしまいます(>_<)
 消毒する場合は、熱湯やキッチン用の除菌スプレーを使いましょう。
 
●柔らかい素材のまな板を選ぶ
 プラスチックのまな板は、軽くてお手入れがしやすいですが、
 硬いので包丁の刃先が早く劣化します。柔らかい木製やゴム製を使用しましょう。
 
●冷凍食品や骨を切る場合は専用包丁で
 冷凍食品を切ると温度差で刃が割れる場合があり、
 また魚の骨などの硬いものを切ると、刃先がこぼれることがあります。
 必ず専用包丁を使いましょう。
 
●切れなくなったら…
 切れないまま無理に使うと危険です。
 2~3カ月に一度は研ぐことをおすすめです♪
 
 

車内のお掃除のポイント☆

コロナ禍で電車やバスといった公共の乗り物よりも
自家用車に乗る機会が増えたという方も多いと思います(^^)
 
「洗車は済ませたけど車内はまだ…」という方、
お天気の良い日に車の中もきれいにしませんか??
 
 
☆シートのほこり取りはファンをかけながら。
 
水洗いをしたフロアマットは渇くのに時間がかかるので、
真っ先に済ませてしまいましょう♪
 
その後、掃除機が使える場合は全体にサッとかけ、
ドアを開けたままシートを手ではたきながらホコリを外に出していきます(^_-)-☆
このとき、ファンを外気導入でかけておくと効率よく換気できます。
シートの細かいチリや髪の毛などは、粘着性のローラー掃除機などがオススメです!
 
☆基本は水拭き。ハケや綿棒などもあると便利。
 
ダッシュボードやハンドル、シフトレバーなどの手垢は硬く絞ったタオルで水拭きをします。
窓ガラスはタオルの繊維やホコリが筋状に残るので、ガラス用洗剤を使って拭きます(^^)/
 
タオルが使いにくいエアコンの吹き出し口やオーディオ周りは毛足の長いペンキ用のハケが便利♪
また、樹脂にシボ(シワ)加工が施されている場合、タオルの繊維が隙間に入りにくいので
綿棒を使うと細かいところも綺麗にすることが出来ます☆
最後に床面を掃除したら、車内を十分に乾燥させましょう♪♪
 

リネンの魅力

暑い時期になると大人気のリネンシャツ(*^-^*)
麻生地は硬いイメージがありますが、
リネンは肌になじむサラリとした着心地と美しい風合いが魅力です☆
 
 
 
亜麻(あま)の繊維を原料とした織物のことで、次のような特長を持っています。
 
●コットンやシルクに比べて吸水性、撥水性に優れている
●汚れがつきにくく、落ちやすい
●使い込むほどにやわらかく肌になじむ
 
洋服はもちろんですが、
清潔に保ちたいキッチンクロスやエプロン、
肌触りにこだわりたいフェイスタオルやバスタオル、シーツなどにもぴったりの素材です。
 
リネンは水に濡れると強度が増すといった、とても丈夫な性質を持っているので、
特に表示がない限りは洗濯機でジャブジャブ洗っても大丈夫です♪♪
 
ただ蛍光剤や漂白剤の含まれている洗剤は、
生地を痛めてしまうので使用しないほうがよいそうです(>_<)
 
大切に使えば長期間愛用できるリネン。
生活のいろんなシーンでリネンを楽しんでみてください(^_-)-☆
 

台風に備える

台風の多い季節ですね!台風の上陸は、7月~10月にかけて増えます。

例年、特に上陸数が多いのが、8月と9月です。1951年以降では、8月の上陸数が73回、9月は66回になっています。

事前に台風に備える項目を調べてみました

 

玉子のサイズ違いと、賢い使い分け♪

私たちの食生活に欠かせない「玉子」(*^-^*)
スーパーではLやMなどのサイズが並んでいますが、
今回は玉子の大きさによる黄身・白身の関係や、使い分けついてご紹介します♪
 
 
市販されている玉子の大きさは農林水産省の規格により、
小さいほうから「SS・S・MS・M・L・LL」の6種類があります☆
大きさは鶏の品種や飼料などに影響されますが、一般的に若い鶏が産む玉子は小さく、
年齢を重ねた鶏ほど大きいと言われています。
 
SS~Mは大きくなるにつれ黄身も大きくなりますが、
M~LLは黄身の大きさはあまり変わらず、白身の量が増える傾向にあります。
そこでポイントなのは黄身と白身の比率による味の違い(^_-)-☆
大きさだけで選ばず、作るお料理によって賢く使い分けましょう♪
 
●黄身の比率が高い…Mサイズ
「目玉焼き・茹で玉子・おでん玉子」など、黄身のホクホク感を楽しむお料理や、玉子かけご飯などにピッタリです。
●黄身と白身のバランスが良い…Lサイズ
黄身と白身それぞれの風味がしっかり味わえるので「スクランブルエッグ・親子丼・玉子焼き・オムレツ」などに向いています。
●白身比率が高い…SS・S・MS・LLサイズ
白身が生きる「茶わん蒸し」や、メレンゲを使う「洋菓子」などにおすすめです。
 
 

味わい色々!世界で人気のかき氷♪

暑い日はキーンと冷えた「かき氷」。今回は世界を代表するかき氷の一部をご紹介。お家で作ってみませんか。
 
【ハワイの定番!レインボー
 現地ではシェイブ(削る)アイスと呼ばれ、様々な色・味が混ざるレインボーが大人気。日本でも7色のシロップがセットになって販売されています。
 
【フルーツ満載、フィリピンのハロハロ
 元は「混ぜる」という意味で、紫芋やナタデココ、タピオカ、パイン、プリンやバニラアイス、コーンフレークなどを氷にのせ、混ぜていただきます。
 
【イタリア・シチリアのグラニータ
 シロップをレモン、オレンジ、苺、またはコーヒーやナッツなどで味付けして凍らせ、やや大粒に砕いたもの。
 地元では牛乳やバターが多めのパン「ブリオッシュ」と一緒に食べることが多いそうです。ぜひお試しを!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

QRコードをスキャンするとLINEの友だちに追加されます♪

 ㈱ワカバヤシ 本社↓↓          天王町支店↓↓     
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求

日傘を長く使うためのお手入れ方法

強い陽射しを防いでくれる「日傘」。
この時期は使う頻度も多いので、色褪せや汚れが気になりますよね。
今回はお気に入りの日傘を長く使うためのお手入れ方法と洗い方をご紹介します(^_-)-☆
 
 
日傘の生地は色褪せしにくいように染められていますが、ある程度の色褪せは避けられません(>_<)
ですので普段しまうときは、なるべく光の当たらない暗い場所に置きましょう☆
 
洗濯可能な表示のある日傘は、時々洗うことをおすすめします(^^♪
ただし、絹や晴雨兼用の日傘は洗えないことが多いので、帰宅後こまめにブラッシングし、
ほこりを落とすことを心がけましょう。レースをあしらった日傘も、生地を痛めるので洗わないほうがよさそうです。
 
●日傘の洗い方
 お風呂場などで日傘を開き、水と中性洗剤を含ませたスポンジで軽く叩くように洗います。
 頑固な汚れは傘の内側に手をあて、洗濯ブラシなどで布を挟むようにしてこすり洗いをします。
 金属の骨が使われている内側は、サビないように水だけでサッと洗います。
 洗剤を流したら、風通しのよいところで陰干しにしましょう。
 このとき生地が伸びて型崩れを起こさないように、半開きで干すのがコツ。ある程度乾いたら全開にして乾かします。
 
 

洗濯物の臭いを抑えるコツ

夏の洗濯物は、よく洗っても臭いが取れにくいものですよね(*_*;
洗濯物が臭うのは雑菌の繁殖が原因です。
特に夏場は、汗や皮脂が衣類に付きやすいので、より雑菌が繁殖しやすくなってしまいます(; ・`д・´)
雑菌が多いと、洗濯しても衣類に残りやすく、イヤな臭いがします。。。
今回はそんな洗濯物のイヤな臭いを抑えるコツをご紹介します☆
 
 
雑菌は時間がたつほど繁殖するので、
その日着た衣類はなるべく早く洗濯するのがベスト☆彡
洗濯できない時に、洗濯機の中に放置するのは雑菌が増えやすいので禁物です(+o+)
また、濡れたタオルは洗濯するまで吊るし、乾かしておくのがおすすめです!
重曹を溶かしたぬるま湯につけ置きしてから洗濯すると、より臭いを抑えられますよ(^^)/
これは、酸性の汗や皮脂汚れが、弱アルカリ性の重曹によって中和されるからです。
 
洗濯する時は、一度にたくさん洗うと汚れが落ちにくくなるので、7~8分目を目安に分けて洗いましょう♪
 
毎日暑い中、掃除洗濯お料理など家事もろもろ、、皆さまお疲れ様です☆
 
 
ページトップへ戻る