スタッフブログ

魚と肉の「脂」に違いはあるの?

寒い時期のブリやサバは脂がのって美味しいですね。ところで魚と肉の脂に違いはあるのでしょうか?
 
肉も魚も「脂」とは脂肪のことです。1g中のカロリーはどちらもほぼ同じですが、元となる脂肪酸の種類によって性格が異なります。
 
●肉の脂は「飽和脂肪酸」
 豚肉や牛肉、バターなどに多く含まれ、中性脂肪やコレステロールを増やす脂です。
 人の体内でも作られるので、さほど不足しないと言われています。
 
●魚の脂は「不飽和脂肪酸」
 中性脂肪やコレステロールを低下・安定させる働きがあります。特に青魚で知られるDHAやEPAもこの一種です。
 体内で合成できないので、積極的に摂りましょう。
 
肉にも魚にも、体に必要な様々な栄養があるので、バランスよく食べたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る