スタッフブログ

パソコンによる眼精疲労に注意☆

最近、パソコンやスマートフォンの影響による眼精疲労
「VDT(Visual Display Terminal)症候群」が増えています(>_<)
疲労がたまると様々な目の病気の原因にもなるので、次のことに注意しましょう。
 
☆適度に「目の筋肉」を休ませる
 長時間モニターを見ていると、ピントを合わすため、
 目の筋肉が緊張し続けて疲れてしまいます。
 時々、目を閉じたり、ゆっくりまばたきをして目のストレッチをしましょう。
 
☆モニターから出る「ブルーライト」をカットする
 ブルーライトは可視光線(ヒトの目で見える波長)の中でもエネルギーが強く、
 目の奥で散乱する性質があるため、目がチラつきやすくなります。
 ブルーライトをカットするメガネやフィルターを活用しましょう。
 
☆目の乾燥「ドライアイ」を防ぐ
 パソコン作業中は、知らず知らずのうちにまばたきが減り、目が乾燥します。
 特に空気が乾燥するこれからの季節は目薬を利用したり、
 加湿器などを使って部屋の保湿に気を配るとよいでしょう。
 
 
ページトップへ戻る