スタッフブログ

観葉植物、冬のお世話のポイント

お部屋を癒し空間に演出してくれるグリーンたち。今回は寒い時期のお世話のポイントをご紹介します。
 
種類にもよりますが、観葉植物の多くは寒さに弱いので、室温を15度以上に保つよう心掛けましょう。
また、日光が当たりやすい出窓やサンルームなどは一日の寒暖差が大きく、逆に植物にストレスが…。
できれば冬は場所を変えてあげましょう。ただし、部屋の隅や玄関などは、夜間に思いのほか冷え込むので注意が必要です。
観葉植物は冬に成長が止まる種類が多く、水をあまり吸わなくなります。
水の与えすぎは根腐れの原因になるので、土が乾いたらあげる程度でOK。
でも、空気は乾燥しがちなので、霧吹きで葉を湿らせてあげると喜びます♪

 

 

 

ページトップへ戻る