スタッフブログ

秋に木の葉が「紅葉」するワケ

季節の移り変わりを感じる秋の風物詩といえば、やはり「紅葉」ですね(*^-^*)
モミジやカエデ、イチョウなどの葉が赤や黄色に染まりゆく姿は、私たちの目を楽しませてくれます。
 
 
一般的に、マツやヒノキなどは一部を除いて紅葉しませんが、
落葉樹の多くは日照時間が減って気温が下がると、「自身の葉が光合成に適さない」と判断し、
葉の栄養を幹に回して次の春に備えようとします。
 
葉の色が変わるのは、落葉前に緑色の基となる葉緑素が壊れ、
赤い色素「アントシアニン」が作られたり、
最初から葉に含まれていた黄色の色素「カロチン」などが強調されるようになるからだと言われています。
 
しかし、なぜアントシアニンなどの色素が作られるかは、まだはっきり分かっていません。
一説には、葉が老化する過程で光による害から樹木を守るために、一時的に合成されるのではないかと言われています。 
 
ひと口に紅葉と言っても、樹木の種類によって葉の色彩が微妙に違うので、
紅葉狩りに出かけた際は、葉色やコントラストの変化に注目して観賞するのも楽しみのひとつですね♪
 
ページトップへ戻る