スタッフブログ

日焼け止めの“PA”&“SPF”って何?

太陽の紫外線は3月頃からだんだん強くなり、
5月~8月頃にかけてピークを迎えるといわれています。
紫外線対策として日焼け止めを使う方は多いと思いますが、
パッケージに表示されている“PA”や“SPF”の意味を、ご存知ですか?
 
 
“PA”とは、肌を黒くしたり、くすみやシミに影響する「紫外線A波」から肌を守る数値です。
+が多いほど効果が高くなります。
PA+  PA++  PA+++  PA++++
の4段階があります。
 
“SPF”とは、肌を赤くしたり、皮膚がんの原因となる「紫外線B波」の
防御指数のことをいいます。
SPFの“1”は約20分に相当するので、
〇SPF15の場合
…20×15=300分(約5時間)
〇SPF50の場合
…20×50=1000分(約16.5時間)
にわたってお肌を守る効果があります。
 
SPFの値が高いと、べたつきやすく肌にかける負担も大きくなるため、
日常生活では15~20程度のものがおすすめです(^^)/
 
これから夏になると汗で日焼け止めが流れやすいので、こまめに塗り直しましょう♪
 
 
ページトップへ戻る