スタッフブログ

日傘を長く使うためのお手入れ方法

強い陽射しを防いでくれる「日傘」。
この時期は使う頻度も多いので、色褪せや汚れが気になりますよね。
今回はお気に入りの日傘を長く使うためのお手入れ方法と洗い方をご紹介します(^_-)-☆
 
 
日傘の生地は色褪せしにくいように染められていますが、ある程度の色褪せは避けられません(>_<)
ですので普段しまうときは、なるべく光の当たらない暗い場所に置きましょう☆
 
洗濯可能な表示のある日傘は、時々洗うことをおすすめします(^^♪
ただし、絹や晴雨兼用の日傘は洗えないことが多いので、帰宅後こまめにブラッシングし、
ほこりを落とすことを心がけましょう。レースをあしらった日傘も、生地を痛めるので洗わないほうがよさそうです。
 
●日傘の洗い方
 お風呂場などで日傘を開き、水と中性洗剤を含ませたスポンジで軽く叩くように洗います。
 頑固な汚れは傘の内側に手をあて、洗濯ブラシなどで布を挟むようにしてこすり洗いをします。
 金属の骨が使われている内側は、サビないように水だけでサッと洗います。
 洗剤を流したら、風通しのよいところで陰干しにしましょう。
 このとき生地が伸びて型崩れを起こさないように、半開きで干すのがコツ。ある程度乾いたら全開にして乾かします。
 
 
ページトップへ戻る