スタッフブログ

熱中症予防行動~「新しい生活様式」におけるポイント~

新型コロナウイルス感染症対策として、「新しい生活様式」が取り入れられ、マスクを着用して過ごすことが多くなりました。

気温・湿度が高いなかでマスクを着用することで、皮膚の熱が逃げにくくなり、体内に熱がこもりやすくなる、口の渇きを感じにくくなるなど、

熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。

十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけるようにしましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント」

  

暑さを避けましょう

 

・室内の温度や湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう。
・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確認しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

・室内ではカーテンやすだれを使い、直射日光を遮りましょう。

・外出時は暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。

・通気性、吸収性のよい素材の服装を心がけ、日傘や帽子を活用しましょう。

・急に暑くなった日、風が弱い日、気温や湿度が高い日は特に気を付けましょう。

・エアコンを切った車内はすぐ高温になるため、子どもだけを残しておくことは大変危険です。

 

適宜マスクをはずしましょう

・気温や湿度が高い中でのマスク着用は特に注意が必要です。

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクをはずしましょう。

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩しましょう。


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

 
 
 
 
 
 
ページトップへ戻る