スタッフブログ

穀雨

こんにちは(^^♪

四月も中旬を過ぎ、ようやく暖かくなってきましたね。

今の時期を二十四節気でいうと「穀雨」になります。 

2021年の穀雨はいつ?

穀雨は二十四節気のひとつ。2021年の穀雨は4月20日から5月4日です

穀雨は二十四節気のひとつ。2021年の穀雨は4月20日から5月4日です

穀雨は二十四節気のひとつ。二十四節気は1年を24に分けた季節の指標で、約15日間ごとの季節の移り変わりを知ることができます。穀雨は毎年4月20日頃~5月5日頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。二十四節気は太陽の動きを基に1年を24等分して決められるので、1日程度前後することがあるからです。

2021年の穀雨は、4月20日から5月4日です。

なお、穀雨といっても、穀雨(二十四節気の第6)から立夏(二十四節気の第7)までの期間をさす場合と、「今日は穀雨です」のように穀雨に入る日をさす場合があります。
 

穀雨の読み方、意味、どんな時期?

穀雨の読みは「こくう」。柔らかく暖かな雨が百穀を潤します

穀雨の読みは「こくう」。柔らかく暖かな雨が百穀を潤します

穀雨は「こくう」と読みます。穀雨は、「百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)」「雨降って百穀を潤す」ということばからきており、この時期になると柔らかく暖かな雨が降り、田畑を潤します。変化の多かった気候も安定し、種まきにもってこいの季節。恵みの雨が新芽を育ててくれます。また、穀雨は春の季語にもなっています。
 
二十四節気では、穀雨の前は万物が清らかで生き生きしてくるという意味の「清明」、穀雨の次は夏の気が立ちはじめ暦の上で夏になる「立夏」となります。

 

 

 

 

家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡



 

 

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る