スタッフブログ

2021年の春分

こんにちは(^^♪3月に入り暖かい日も多くなってきましたね!

暦の上でも間もなく春分を迎えます。

今日は春分について調べてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年の春分はいつ?

 春分は二十四節気のひとつ。2021年の春分は、3月20日~4月3日

 春分は二十四節気のひとつ。2021年の春分は、3月20日~4月3日

2021年の春分は、3月20日~4月3日です。春分は、季節の移り変わりを知るための二十四節気のひとつで、約15日間ごとに24に分けられています。

二十四節気は期間なので、春分(二十四節気の第4)から清明(二十四節気の第5)までの期間をさし、毎年3月21日頃~4月4日頃にあたります。

また「今日は春分です」のように各節気に入る日をさす場合もありますが、春分の場合は、国民の祝日「春分の日」になっています。

なお、日付は固定されているわけではなく、年によって変わります。二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、

1日程度前後することがあるからです。

「暑さ寒さも彼岸まで」。春めくなかでお彼岸を過ごし、花見の季節へ移っていきます

 

「暑さ寒さも彼岸まで」。春めくなかでお彼岸を過ごし、花見の季節へ移っていきます

二十四節気では、春分の前は、土の中で冬ごもりしていた虫たちが活動を始める頃という意味の「啓蟄」、春分の次は、万物が清らかでいきいきとする「清明」となります。

【春分前後の二十四節気の移り変わり】
 啓蟄 → 春分 → 清明
 

春分の日とは?

2021年の「春分の日」は3月20日です。春分の日は、二十四節気の春分に入る日をさしていて、太陽が春分点を通過した日が春分の日となります。

太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになりますが、実際には昼のほうが14分程長いそうです。

また、春分の日は彼岸の中日であり、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の、国民の祝日になっています。

 

 

 

 

家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

 

 

ページトップへ戻る