スタッフブログ

夏のマスクは注意が必要!

夏場のマスク、熱中症リスクは?

梅雨晴れで今日も横浜は暑いですね・・・

新型コロナウイルスの感染防止の基本であるマスクの着用が引き続き求められています。

ただ、夏の暑さの中マスクを着用すると熱中症の恐れが高まると指摘もあります。

新しい生活様式の中で熱中症に備えるにはどうしたら良いのでしょうか。

厚生労働省は、これから夏を迎えるにあたり、例年よりもいっそう熱中症に注意が必要だとし、

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における

熱中症予防のポイントを発表しています。

1.暑さを避けましょう

2.適宜マスクをはずしましょう

3.こまめに水分補給しましょう

4.日ごろから健康管理をしましょう

5.暑さに備えた体力作りをしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクを着用すると、息が持つ熱を上手く外に発散できず体内にため込んでしまい、

体温が上がってしまいます。

また口内の湿度が保てる分、喉の渇きを感じつらいので水分補給を意識しにくく、脱水が進んで熱中症になる可能性が高まる恐れがあります。

普段より意識してこまめに水分補給をすることが必要です。

また、各メーカーから「夏用マスク」が発売され始めています。

夏用マスクに求められる機能

  •  接触冷感
  •  通気性
  •  速乾性
  •  サラっとした肌触り
  •  UV加工
  •  洗いやすさ

夏用マスクに適した素材

 夏用マスクに適した素材としてアイスコットン、麻、ダブルガーゼなどが挙げられます。

  •  アイスコットン
  •  麻(リネン)
  •  ダブルガーゼ
  •  和紙 など

 

自分に合った夏用マスクを見つけて熱中症予防をしていきましょう(^^)/

 

ページトップへ戻る