お知らせ

マスク着用時の熱中症対策

夏の暑さにもようやく体が慣れてきた時期ですが、次に注意したいのがマスク着用が原因で起こる熱中症のリスクです。
 
人の体は体温を一定に保つため、暑くなると血管を広げ、汗をかき、呼吸数を増やして熱を逃がすなどの「体熱放散作用」が働きます。
しかしマスクを長時間着用していると、呼吸による放熱作用が妨げられたり、口や鼻が覆われていることで、
普段よりも喉の渇きが感じにくくなると言われています。
このため厚生労働省では、屋外で人と十分な距離(2m以上)がある場合はマスクをはずし、
逆にマスク着用時は激しい運動を控え、喉が渇いていなくてもこまめに水分をとることを呼びかけています。
マスクを上手に使い分け、熱中症予防にも十分気を付けて夏を乗り切りましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

QRコードをスキャンするとLINEの友だちに追加されます♪

 ㈱ワカバヤシ 本社↓↓        天王町支店↓↓     
      
ページトップへ戻る