冬の乾燥から手荒れを防ぐには?

もうすぐ寒さも本番(>_<)
手荒れが気になる季節ですね。
赤く腫れたり、ヒビやあかぎれができたりする前に、しっかりとケアをはじめましょう(^^)/
手荒れ対策にはハンドクリームをたっぷり塗る、
夜寝る時に綿の手袋をするといった方法が基本ですが、
普段の習慣を見直してみる必要もあります。
 
☆熱いお湯に手を長時間つけるのは避ける
 熱いお湯は皮膚を乾燥させてしまいます。
 体をゆっくりあたためたい時は、手を湯船から出しておきましょう。
 
☆殺菌消毒のしすぎに注意
 風邪やインフルエンザ、コロナウイルス防止のために手指を殺菌する方は多いと思いますが、
 アルコールが蒸発するときに手の水分や油分を奪ってしまいます。
 消毒をした後はハンドクリームをすぐに塗るようにし、過度に消毒しすぎないようにしましょう。
 
☆界面活性剤入りの洗剤や化粧品に直接触れない
 多くの食器用洗剤やシャンプー、クレンジング剤などに含まれる“界面活性剤”は
 肌への刺激が強いため、洗剤は手袋を着用して使用し、
 化粧品類は刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
 
 
ページトップへ戻る