エスカレーターで「歩かない」

10月1日に埼玉県でエスカレーターを立ち止まって利用するよう努力義務を課す全国初の条例が施行されました。

以前からエレベーターは歩かず止まって!という注意書きはありましたが、

ほとんど守られておらず、むしろ、右側を開けていなかったときに「どいて」などの声も聞かれることがあります。

エレベーターは本来、歩くことを考えて設計されていないものです。

また、歩く人が止まっている人の荷物に当たり、よろける、転倒するなどの事案もあると言います。

いまは埼玉のみの条例ですが、これから全国に広まっていくといいですね。

ページトップへ戻る