ウナギを食べる日、「土用丑」の由来

夏の「土用丑(うし)」が近づいてきました。
 
今年は来週、7月28日㈬が「土用丑(うし)の日」です☆
 
土用とは立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間を指し、
丑とは12日ごとに割り当てられている十二支の「丑」の日のことです。
 
主にウナギを食べるのは夏の土用丑ですが、その由来を見てみましょう。
 
土用の時期は季節の変わり目にあたり、特に夏の土用は体調を崩しやすい時期です。
そこで日本では昔から、夏の土用丑の日に滋養のある「しじみ」や、土用の間に産み落とされた「卵」、
力が付き厄除けになる「あんころ餅」などを食べる風習がありました。
また江戸時代には、丑にちなんで頭に「う」が付く「梅干し、瓜、うどん、牛・馬の肉」を食べる風習もあったそうです。
 
実は、ウナギも「う」が付くのですが、美味しい旬は冬で、夏は身が細く敬遠される傾向がありました。
ウナギが夏の土用丑に食べられるようになったのには諸説ありますが、有力なのは「鰻屋」の宣伝だったと言われています。
 
一説によると、夏にウナギが売れないことを鰻屋から相談された江戸の博識者「平賀源内」が、
「本日丑の日」と書いた紙を店頭に貼り、栄養あるウナギを宣伝するアドバイスをしたのが始まりだとか。
 
理由はともあれ、今年も土用丑にはウナギを食べて夏バテを吹き飛ばしたいものですね。
 
 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

QRコードをスキャンするとLINEの友だちに追加されます♪

(QRコードをスキャンするには、LINEアプリのコードリーダーをご利用ください。)

 ㈱ワカバヤシ 本社↓↓        天王町支店↓↓   
       
 
ページトップへ戻る