「水菓子」の本来の意味は果物!?

水羊羹やくず餅など、みずみずしくプルプルした和菓子を
 
「水菓子」と呼ぶことがありますが、
 
実は果物を指す言葉だったということをご存知ですか?
 
 
日本では古来より、おやつとして食べる木の実や果実などを「くだもの」と呼び、
 
漢字では「果子」または「菓子」と書いていました。
 
その後、穀類などを加工した甘い食べ物、
 
現在の私達が「菓子」と呼んでいる食べ物が国外から伝わってきました。
 
しかしこれらの甘い食べ物も「唐菓子(からくだもの)」と呼ばれ、
 
「くだもの(果子)」と区別されていませんでした。
 
呼び名で呼び方が変わったのは江戸時代。
 
加工品の甘い食べ物を「菓子(かし)」と呼び、
 
木の実や果実などのフルーツ類を、関西では「果物(くだもの)」、
 
関東では「水菓子(みずがし)」と呼ばれるようになっていきました。
 
江戸時代の人にとっては「水菓子」は「くだもの」を意味していたのですね(^_-)-☆
 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

ページトップへ戻る