7月 季節のお便り

 

 

 

 

 

 

 

半夏生(はんげしょう)とは・・・?

こんにちは(^^♪

今日から7月ですね!!

季節の変わり目のことを「土用」と呼び、「土用の丑にはうなぎを食べる」という食習慣などでよく知られていますね。

では、梅雨の終わりの「半夏生(はんげしょう)」をご存知でしょうか。

半夏生は、江戸時代の農民たちが大切にしてきた雑節のひとつ。何とも不思議な名前ですが、

次の季節を心地よく迎えるための習わしであるとともに、奥深い意味が込められているんです。半夏生の時期や意味、タコを食べる理由など、詳しくご紹介します。

2021年の半夏生は7月2日から

夏至から数えて11日目頃からの5日間が半夏生。毎年同じではなく太陽の位置によってその日が決まるのですが、2021年の場合は7月2日から始まります。

昔から、農作業の目安として「田植えは夏至の後、半夏生の前までに終わらせる」という言い伝えがあります。これは「半夏半作」とも呼ばれ、

半夏生よりも後になると、秋の収穫量が減ってしまうとされてきました。

心身を休める「物忌みの日」

半夏生は「物忌みの日」とも呼ばれ、「天から毒が降る」と言われてきました。そこから、「働くことを控える」「井戸に蓋をする」「この日に収穫した野菜は食べない」

などの習慣が生まれたのだとか。

地域によって「竹林に入ってはいけない(埼玉県)」や「妖怪がうろつく(三重県)」などさまざまな話がありますが、

いずれにせよ「たくさん働いた農家の人たちが、休息を取るように」という意味が込められているようです。

また、半夏生はその直前に行われる「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」という神事とも関係している、という説があります。

これは、一年の半分を健やかに過ごせたことに感謝するとともに、罪や穢れをお祓いして、残り半分も健やかに過ごせるように願うというもの。

この時期になると茅の輪(ちのわ)や人形(ひとがた)が置かれるようになる神社もあります。

全国的にも多くの神社で神事が行われていますので、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

 

 

 

 

 

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る