春の訪れを告げるツバメ

こんにちは!

すっかり春らしくなってきましたね!

最近では少なくなってきましたが、ツバメの姿を見かけることで春を実感!という方も多いようです。今回はツバメに関する話題です!

ツバメは3~4月頃に日本に来て子育てををし、9~10月には東南アジア方面に帰っていきます。

渡りをする理由は分かっていませんが、繁殖時期は天敵の少ない北方で過ごし、エサが減る冬は南の地域に戻るのではと考えられています。

ツバメが民家の軒先に巣を作るのは、天敵のカラスなどが近寄りにくい「人の近く」を選んでいるのだと言われ、その頭の良さがうかがわれます。

そもそも、ツバメは日本で生まれるので「春に故郷に帰ってくる」と考えるべきだという見解もあるようです。

同じ巣に戻るツバメは多くありませんが、いくつかの調査では2~4割のツバメは同じ地域に戻り、うち半数は同じ巣に戻るのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る