夏の思い出・・・

こんにちは!

8月も今日で終わりですね。

今年の夏は遠出や宿泊旅行は控えて、近場の日帰り、という方も多かったのではないでしょうか?

我が家も、その近場の日帰りで、神奈川県内の川でバーベキューをして来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は横浜では最高気温35度と言っていましたが、この川辺へ来たら体感気温で10度くらい涼しく感じました。

川の水は冷たく、最初入る時は、覚悟がいるほど(笑)

深くても大人の膝くらいまでで、流れも緩やかなので、子供がいても安心です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にバーベキューをする場所は先ほどの写真の上になるのですが、こちらにも魚のつかみ取りをするための人工の

川?があり、ここで魚のつかみ取りをすることも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つかみ取りは先ほどの人工の川で行われるのですが、それとは別に釣り堀もあり「釣り」も出来ます。

竿もエサも借りることが出来て、釣った魚は1匹350円で買い取り、係の人がさばいてくれるので

それを自分たちのバーベキュー場所でやいて焼いて頂けます(^^)/

釣りたて焼きたてのお魚は美味しかったです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜から車で1時間でこんな自然体験ができました!

3蜜も避けられ、楽しむことができました(^_-)-☆

秋の行楽にも良いかも知れませんね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローリングストックって??

こんにちは。突然ですが、ローリングストックという言葉をご存じでしょうか?

ローリングストックとは、 「日常的に食べて買い足す」 ことで

繰り返し、非常食として備える という考え方です(^^)/

非常食として備えていたものが、気が付いたら賞味期限を大幅に過ぎていて

全て破棄することになってしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

ローリングストックは日常の食品を多めに買い、日常で消費しつつも切らさずに買い足すことで

常に家庭に新しい食品が備蓄される為、食品のロスを減らすことができます。

イオングループのローリングストックについてのページがとても分かりやすいので、シェアさせて下さい。

イオンさんのページはこちらです☆

 

 

横浜市鶴見区 クローゼット内部造作工事

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求

卵のサイズ違いと賢い使い分け

こんにちは!

突然ですが、今日は卵のサイズの違いと、その賢い使い分けの仕方をお伝えします♪

市販されている卵の大きさは農林水産省の規格により、小さいほうから

SS・S・MS・M・L・LL」の6種類があります。

大きさは鶏の品種や飼料などに影響されますが、一般的に若い鶏が生む卵は小さく

年齢を重ねた鶏ほど大きいと言われています。

S~Mは大きくなるにつれ黄身も大きくなりますが

M~LLは黄身の大きさはあまり変わらず、白身の量が増える傾向にあります。

そこでポイントなのは黄身と白身の比率による味の違い。

大きさだけで選ばず作るお料理によって賢く使い分けましょう(^▽^)/

●黄身の比率が高い・・・Mサイズ

 「目玉焼・ゆで卵・おでん」など、黄身のホクホク感を楽しむお料理や卵かけご飯などにピッタリです!

●黄身と白身のバランスが良い・・・Lサイズ

 黄身と白身それぞれの風味がしっかり味わえるので「スクランブルエッグ・親子丼・たまご焼きオムレツ」などに向いています。

●白身比率が高い・・・SS・S・MS・LLサイズ

 白身が生きる「茶碗蒸し」やメレンゲを使う「洋菓子」などにオススメです!

 

 

 

アラウーノ

今回はお手入れカンタン!節電・節水にも優れた機能を持つ「アラウーノⅬ150シリーズ」をご紹介いたします☆   

ラクするテクノロジー

家事に追われる毎日

「できるならもっとラクしたい」

そんなあなたの家事負担を軽減して

気持ちまでラクに、暮らしにゆとりを。                                                                                

     

 

 

 

 

 

細かい泡が便器内をめぐり、おそうじします。市販の台所用合成洗剤(中性)を使用し、使用量は約3ヵ月で約250mL※1と少量です。

  • *洗浄後、便器内をキレイに保つため3時間程、洗剤の泡が残ります。泡が残る時間は洗剤の種類によって変わります。洗剤の泡が出ないようにすることも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミリバブル(直径約5mm)で大きな汚れを強力に除去し、次に微細なマイクロバブル(直径約60μm)で小さな汚れを除去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

除菌効果のあるオゾン水を散布し、汚れの原因菌を抑制します。            

オゾン水は薬品を使わず水から生成。時間が経つと元の水に戻るので環境への負荷が小さく、医療や調理の現場などでも使われています。

  • ※【試験機関】大阪府立大学【試験方法】オゾン水で洗浄後、試験片に残存した菌数を測定【抑制の方法】オゾン水で洗浄【対象】付着した菌【試験結果】オゾン水洗浄30秒で99%以上抑制(第20180326-001号)(試験は1種類のみの菌で実施)

 

 

 

衛生面が気になるノズルも自動で洗浄します

 

 

退出約3分後にオゾン水を、便器の輪じみが気になる水際部分を中心に自動的に散布します。

  • 注) 洗浄後に毎回オゾン水を散布する機能ではありません(1日3回程度)。なお、しっかりモード(6時間~8時間に1回、定期的に散布)への切替も可能です。
    注)オゾン水散布前は設定に関わらず、泡が出なくなり水面が下がります。

 

 

 

 

 

衛生面が気になるノズルも自動で洗浄します

便器だけでなく、同時にノズルへの散布も行います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

給排水は今のまま。取り替え工事はスピーディー。

アラウーノだけなら、取り替え工事は数時間ほど。さらに手洗いの設置は、新たな給排水工事が不要な「アラウーノ専用手洗い」がおすすめです。

アラウーノ専用手洗いの水栓を「連動水栓」にすれば、電源工事も不要でさらに便利に。

連動水栓

便器の水を流すと自動で手洗いの水が出て、自動で止まる「連動水栓」。手動水栓と同価格です。

注)連動水栓は、L150シリーズのみに対応

※工事時間は採用設備・設置条件、作業員の人数等によって異なります。アラウーノ専用手洗い キャビネットタイプ、トイレはL150シリーズです。

少なく水でズバッと流す「ターントラップ方式」

パナソニック独自の排水方式で、少量の水で、勢いよく流す

 

排水路にたまった水を一気に排出する「ターントラップ方式」で、少ない水量でしっかり洗浄します。

 

 

 

写真はL150シリーズです。

 

 

L150シリーズ:しっかり流して年間、約14,100円※1節水。

 

少ない水をムダなく使い切ることで、これまでのトイレに比べ、小なら約1/3の水量でしっかり流し切ります。

  • ●ハネガード使用の場合、年間約13,500円節水できます。

※1
【L150シリーズの場合】
水道代は1990年頃の当社サイホンゼット式トイレ(CH43)との比較。男性2人女性2人の4人家族が1日16回(大4回、小12回)365日使用した場合で計算。ハネガード使用の場合、1日16回(大4回+小6回+小〈ハネガード使用〉6回)で計算。オゾンウォーター使用の場合、1日3回散布で計算。■算出基準料金(税込):上水道/下水道料金目安単価265円/m3(東京都)(2019年9月時点)

必要なときだけ快適に。
年間、約7,400円※1※2節電します。

パナソニック独自の高い省エネ家電技術が搭載され、消費電力量を大幅にカット。以前のトイレと比較すると、年間80%も電気料金のダウンに。

1990年頃のトイレとL150シリーズ・新型アラウーノの消費電力量の比較

エコモードでもっと節電できます。                                                                                               

 

                    

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求

エアコンの効きが悪い? そう思ったときはココをチェック☆

こんにちは!

毎日暑くて、エアコンがないと過ごせないですね((+_+))

大活躍のエアコンの効きが悪くなってしまったら大変!!そんな時のチェックポイントを調べてみました☆

はじめにエアコンが部屋を涼しくしてくれる仕組みをご説明します。

冷房運転では、室内機が取り込んだ部屋の空気から熱交換器で熱を取り除き冷たい風にして部屋へと戻しています。

この熱を運ぶのが、室内機と室外機をつなぐパイプに充填された冷媒ガスだそうです。

この冷媒ガスは、効率良く熱を排出できるように室外機のコンプレッサーで圧縮されて高温となり

室外機側の熱交換器を通じて大気中に放出される仕組みです。

残念ながらこの冷媒ガスやコンプレッサーの不具合は専門業者でないと直せません(:_;)

エアコンの効きが悪くなった時に私たちに出来る対処法としては。。。

1.フィルターのチェック

 フィルターにホコリが溜まっていると空気が通りにくくなり、効きが悪くなってしまうので

 フィルターの掃除を行いましょう。

2.室外機のチェック

 室外機の周囲に障害物があると放熱妨害が起こり、熱交換がきちんとできなくなってしまいます。

 植木鉢やバケツを近くに置いているなら、別の場所に移動しましょう。

 戸建ての場合は、生い茂った草にも注意が必要です。

 冷房を使い始める時期は特に雑草などが室外機の周りを覆っていないか確認してみてください。

 また、室外機を隠すケースやカバーなどもありますが、製品によっては熱交換を妨げる要因となるので、

 各メーカーが発売している純正部材を使用すると安心です☆

3.部屋の広さに合う能力のエアコンが設置されていないことも。。。

 引っ越しなどで住まいが変わった時、今まで使っていたエアコンを再利用しようとしても

 以前より部屋が広かったり、断熱性能が低かったりすると効きが悪くなってしまいます。

 また、寒い地方なら暖房能力の高い寒冷地向けエアコンが必要になるなど、

 転居地によっても条件が変わってくるので、注意してください。

 カタログなどには“12畳用”といった形で適用畳数が記載されていますが、冷房時と暖房時に差があります。

 暖房時の方が畳数の目安が小さくなりますので、暖房時を基準にした方が確実です(^^)/

 また、木造住宅の方が鉄筋住宅よりも気密性が落ちますので適用する畳数は小さくなります。

 畳数の目安に幅があるのはこのため。なお、大きな窓や吹き抜けがある、あるいは天井が高いといった部屋の場合も、

 よりパワーが必要になるので、適用畳数よりも大きめのサイズを選ぶ必要があるようです。

 

まだまだエアコンが手放せない季節が続きますので、お手入れしながら上手にエアコンと付き合っていきましょう♪

 

 

 

 

室内で手軽にできる「足踏み運動」

今日も夏の日差しが照り付けていますね・・・(;^_^A

普段ウォーキングを心掛けている人も、猛暑が続く夏はどうしても外出が減る傾向に。。。

そこでおススメなのが「足踏み運動」

冷房の効いた室内で気軽に始められます♪

●姿勢よく立ち、その場で足踏みをします。この時、腕を大きくリズムよく振るのがポイントです!

●初めての人は30回程度の足踏みを、小休止を挟んで1日に2~3セットを目安に行いましょう♪

 膝の関節に負担をかけたくない人は椅子に座っても行えます。

●どちらの場合も太ももを高く上げるほど負荷がかかり効果的です。

 最初は足が軽く浮き上がる程度のやさしい足踏みから始めましょう(^^♪

 

ご相談はこちらから
0120-06-0884 0120-06-0884
お問合せ資料請求

IHメリット

今回はIHクッキングヒーターのメリットを簡単にまとめてご紹介したいと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスコンロに慣れていてIHクッキングヒーターに不安ある方でも使いやすい

PanasonicのIHクッキングヒーターXJシリーズです!

M様邸 内部改修工事

夏のガーデニング 水やりのポイント

こんにちは!

まだまだ暑い日が続いていますが、先日のハイビスカス🌺のブログつながりで

夏の水やりポイントについてまとめてみました。

●水やりは朝と夕方の2回

 炎天下の水やりは根が蒸れて腐りやすくなるので、朝と夕方の2回に分けて

たっぷりと水を与えます。

水道栓からホースで水を取る場合、ホースの残り水や水道管の水温が上がっている事あるので

うっかりお湯をあげてしまわないよう、気を付けて下さいね♪

植物に付いた水滴に日が差すと水滴がレンズの働きをして太陽光を集め

植物の組織を壊す「葉焼け」を起こすこともあるので、

日差しが強い朝はなるべく土の根っ子部分に水をあたえましょう(^▽^)/

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る