建築吉日カレンダー☆

こんにちは(^^♪

突然ですが、建築吉日カレンダーというものをご存じでしょうか?

建築吉日とは、よく聞く「大安」や「仏滅」といった

冠婚葬祭のときに使用する「六曜(ろくよう)」とは異なり、

その名前の通り新築や改築など、建築を開始する際に縁起の良い日を定めた暦になります。

建築関係では主に「十二直(じゅうにちょく)」という考え方に基づいたものが使われています。

地鎮祭や上棟式など、建築の重要な節目には「十二直」に基づいて行うと縁起が良いといわれており、

大工さんなどが利用している暦です。

六曜と十二直は異なるものさしで吉凶を見るものなので、同じ日でも六曜と十二直では

吉凶が違っていることもあります。建築関係では伝統的に、十二直の方が重視されてきました。

十二直は、北斗七星のある方角をもとにして日取りの吉凶を占うものです。

北斗七星の方角は十二支で表されるので、十二直も12種類あり、日常生活のあらゆることの吉凶が定められています。

この中で、建築に関係する吉凶が決められていて建築吉日と呼ばれるものは6つ、建・満・平・定・成・開です。

「建(たつ)」には万物を建て生じる日という意味があり、建築関係では最吉日です。

「満(みつ)」にはすべてが満たされる日という意味があり、地固めや柱立てをするのには吉ですが、土を動かすのは凶とされています。

「平(たいら)」は、物事が平らになるといわれている日で、穴堀り以外は吉となります。

「定(さだん)」は建築や移転をするには吉で、「成(なる)」も物事が成就する日として建築で何かを始めるには良い日です。

「開(ひらく)」は、開き通じる日なので建築や移転は吉とされています。

ちなみに2020年7月のカレンダーは下記となっています。

もしどなたかのご参考になれば幸いです!(^^)!

 

 

ページトップへ戻る