スタッフブログ

内装のご参考に

 

内装を考える時に悩む場所の一つは「床材」だと思います。

床材には種類、場所によってどんな床材が適しているのかご紹介します。

 

フローリング

木質系の板材のことです。複層フローリングと無垢フローリングがあります。

複層フローリングは、基材である合板に薄い天然木の表面材を張ったもの。

無垢材フローリングは天然木をそのまま使用したものです。

いずれも自然の質感が得られ、素材や色が豊富です。

畳表、畳床、畳縁で構成される日本独特の床材です。

一般的な縁あり畳のほか、縁なし畳、床の間畳などもあります。

高い断熱性と保湿性があり、高温多湿の日本の風土に適しています。

また、弾力性があるので、踏みごこち、座りごこちも快適です。

クッションフロア

トイレや洗面室などで採用されることが多い素材です。

耐水性に優れ、汚れが落ちやすく、適度な弾力性もあります。

低価格で色・柄は豊富。ロールシート状でホームセンターでも販売しており、

DIYで張り替えることもできます。

石・タイル

外まわりや玄関に用いられることが多いですが、内装では浴室、トイレなどでよく使われます。

耐久性、耐水性の高い床材です。最近では、リビングの一角やペットの居場所に用いられることもあります。

色やデザインが豊富で、床暖房を施すことも可能です。

カーペット

保温性や吸音性に優れた素材です。

踏みごこちが柔らかく温かみがあります。

種類は、織り込んだ毛足をカットしたもの、ループ状のものなどがあります。

ウールカーペットなどの天然素材は、高級感があり、保温性や防火性も発揮します。ナイロンやアクリルなどの合成繊維は防カビ・防虫性に優れています。

コルク

コルクの床材は、適度なクッション性と遮音性、保温性もあり人気が高まっています。

肌ざわりが良いことも特徴のひとつです。

 

リビングや居室に適した床材

内装種類 に対する画像結果

日本の住まいは、素足で床の上を歩いたり、床に直接座ったり寝転んだりすることもあります。

肌ざわりがよく、ソフトな感触の床材を選びたいものです。

素材感優先なら、無垢フローリングやコルクタイル、畳、カーペットなどがオススメです!

また、高温多湿で夏と冬で気候が変わる日本では、夏は汗や湿気を吸い、

冬は温かみを感じさせる床材を選ぶことも必要です!

その点では、畳は肌に心地よく、吸湿性や保温牲もあり適しています。

機能性優先なら、複合フローリングがオススメです。

リビングは、キッチンやダイニングと続き間になっていることが多く、

耐水性や耐久性、お手入れのしやすさなどから適しています。

防カビや耐薬品性など高い機能を持つフローリングもあるので、用途に合わせて選んでください☝

戸建て住宅の2階のリビングや子ども部屋では、階下への音に配慮したいものです。

コルクタイルや、遮音性の高いフローリングなどが適しています。

フローリングの上にカーペットを敷いて防音になります。

インテリア的には、床を濃い色に、壁と天井を薄い色にすると天井は高く見えます。

逆に床を薄い色にすると、部屋全体が広がりを感じます。

天井の高さより部屋の広がりを重視したい場合は、薄い色にすると良いです(^.^)

 

水まわりに適した床材

内装種類 キッチン に対する画像結果

キッチンや洗面所のように水や汚れが付きやすい場所では、

掃除のしやすさや耐水性に優れた床材が適しています。

表面コートを施した複合フローリングや、クッションフロア、タイルなどがおすすめです。

フローリングは木材なので、基本的には水や薬品に弱いのですが、

表面にコーティングをしたフローリング材なら安心です。

コーティングされている分、木の風合いは落ちますが、耐水性はアップします。

水に強いクッションフロアは、特に水まわりに適した床材です。

色や柄が豊富で、石目柄などは本物と間違うほどの質感があるものもあります。

タイルも非常に耐水性が高く、水まわりに向いている床材です。床暖房と組み合わせれば、

夏は冷たく冬は暖かく過ごせます。またタイルはキズにも強いので、ペットを飼っている家にもオススメです。

 

 

是非、ご参考下さい(´▽`*)

 

ページトップへ戻る